どこかノスタルジーでホッとするウマい醤油ラーメン!西池袋『中華そば 六感堂』レポ

中華そば 六感堂のタイトル

西池袋ラーメン「中華そば 六感堂」グルメレポ!

池袋駅西口から徒歩5分のラーメン屋さん『中華そば 六感堂』のレポートです。

ココ『中華そば 六感堂』は、2019年3月にオープンしたラーメン屋さんですが、東池袋で緑一色に染まった「グリーンラーメン」で有名な『六感堂』の2号店(西口店)にあたります。

 ⇒嵐も絶賛!?池袋の緑のラーメン「麺屋 六感堂」レポ

mogmog
東池袋の『六感堂(1号店)』は、TV「嵐にしやがれ」でも特集されるほど有名で大人気のお店です。2号店は白と黒の2カラーのラーメンで勝負にでています。
こんな方にオススメ
  • 少し懐かしさを感じるノスタルジーな「中華そば」が食べたい方
  • 煮干しベースの「中華そば(白)」と、たまり醤油ベースの「中華そば(黒)」の2種類のラーメンを食べ比べてみたい方
  • クドさのないのに、煮干しのパンチが効いたシンプルな「油そば」が食べたい方

外観写真

『中華そば 六感堂(西口店)』は、池袋駅の西口から要町に向かう途中にお店を構えています。

中華そば 六感堂の外観

隣には老舗の人気洋食屋さん『百舌』があります。『百舌』も絶品カニクリームコロッケやオムレツが食べられるオススメの洋食屋さんです。

 ⇒西池袋の老舗洋食屋さん「百舌(もず)」レポ!絶品カニクリームコロッケとオムライスを食べよう。

店内の雰囲気

店内はコンパクトで、L字カウンターのみのシンプルな構造です。

「感謝」と大きな文字がかかれた掛け軸や、店員さんのビックリマン風のイラストシールが張られていて、少し面白いです。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

料理レポート

『中華そば 六感堂(池袋西口店)』では、煮干し・鶏ガラ・豚ガラベースの「中華そば(白)」と、たまり醤油とネギ油を使った「中華そば(黒)」が楽しめます。

また、麺も「てもみ麺」と「細麺」からえらべるので、気分に合わせてお好みのラーメンがオーダーできます。

中華そば(白)

こちらは、「中華そば(白)」のてもみ麺でオーダーしたラーメンです。

透明感があり透き通るような醤油スープが特徴的で、「昔ながらの中華そば」の現代風アレンジ版というのが見た目からも分かります。

中華そば 六感堂の中華そば(白)

スープは煮干しのダシが優しく香るかなりスキッとしていてシンプルながら奥行きがある味わいです。

mogmog
「むかしながらのよき中華料理屋さんの中華そば」のスープを連想させてくれるノスタルジーな仕上がりです。

てもみ麺は、水々しくプルンとした食感の平打ち麺風になっています。

中華そば(白)の手もみ麺

mogmog
優しい味わいの醤油スープと、プルプルとした水々しい食感の手もみ麺がマッチしていて、非常に美味しいです。

チャーシューは、バーナーで炙りが入れられたボリュームのある具材となっています。

炙りチャーチュー

mogmog
コッテリとしたジューシーな脂と、焦げウマさがしっかり出ているので、チャーシュー好きの方も納得の美味しさだと思います。

中華そば(黒)

つづいて、たまり醤油とネギ油をベースとして作られた「中華そば(黒)」の細麺です。

「中華そば(白)」の透明感のあるスープとは変わって、かなり醤油の黒い漆黒感がでています。

中華そば(黒)

「中華そば(黒)」のスープは、見た目以上にコッテリとしていて、すすった後にガツンとたまり醤油のコクと、ネギ油のオイリーな味わいが突き抜けてきます。

中華そば(黒)のスープ

mogmog
たまり醤油のコク深いパンチのある味わいがベースで、あとから煮干しのほんのり優しい甘さが追いかけてくるようなバランスです。

ちなみに、「細麺」は、とんこつラーメンにもよく合いそうなパツンとした食感のやや硬茹でされたストレート麺です。

中華そば(黒)の細麺

mogmog
水々しいプルンとした食感の「てもみ麺」と、パツンとかみ切れる「細麺」のどちらがお好みかは、人によってかなり分かれそうです。

煮干し油そば

『中華そば 六感堂(西口店)』では、「中華そば」の他に「油そば」も楽しむことができます。

にぼし油そば

シンプルながら煮干しと甘辛タレがガツンと効いていて、シンプルな「油そば」が大好物な方にはぶっ刺さる仕上がりになっています。

煮干し油そばを食べるところ

また、「油そば」をオーダーすると、味変化用の「レモン果汁」を提供して貰えます。

油そばに入れるレモン果汁

mogmog
レモン果汁が加わることによって、すっぱく爽やかな酸味が煮干しのウマみをよりキリッと際立させてくれます。

西池袋ラーメン「中華そば 六感堂」のまとめ

『中華そば 六感堂(1号店)』のユーグレナ入りの「グリーンラーメン」のような強烈なインパクトはありませんが、古きよき中華料理屋さん風の懐かしさを感じるノスタルジーな「中華そば」が楽しめました。

「中華そば」の白黒ともに、シンプルながら奥深い醤油スープになっているので、どちらも「胡椒」のビリリッとした刺激が本当によく合います。

ラーメンに黒コショウを入れるところ

お店側も胡椒がよく合うことを理解していて、卓上には「白コショウ」と「黒コショウ」がどちらも置かれています。

ノスタルジーな中華そばを半分ほど食べたところで、胡椒をたっぷり振りかけて刺激的な味わいに変化させると、より美味しさが増すのでオススメです。

白コショウと黒コショウ

mogmog
池袋でどこかホッとするノスタルジーな「中華そば」を食べたくなった時には、『中華そば 六感堂(池袋西口店)』をご利用下さい!

西池袋ラーメン「中華そば 六感堂」の営業時間等

関連ランキング:ラーメン | 要町駅池袋駅

中華そば 六感堂のタイトル
最新情報をチェックしよう!