【東池袋】2021年3月オープン!台湾まぜそば『禁断のとびら』レポ!

池袋の台湾まぜそば「禁断のとびら」グルメレポ!

池袋東口から徒歩7分の台湾まぜそば専門店『禁断のとびら』レポートです。

mogmog
2021年3月にオープンした新規オープンのお店です。
こんな方にオススメ
  • 池袋で「台湾まぜそば」を食べたい方
  • 池袋で「ジャンキーだけど、しっかり野菜もたっぷり食べるB級フード」を食べたい気分の方

外観写真

『禁断のとびら』は、東池袋の「帝京平成大学」近くにあります。

「台湾まぜそば」の大きなポスターがドカンと掲げられているので、目の前まで行けばすぐに分かると思います。

mogmog
隣には東池袋で人気のラーメン屋さん「六感堂」が営業しています。

⇒【東池袋】嵐も絶賛!緑でビックリながら旨いラーメン「六感堂」レポ

店内の雰囲気

店内はカウンター席のみのコンパクトな作りになっています。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

mogmog
お水はセルフサービスとなっております。

「台湾まぜそば」レポート

こちらがメインメニューの「台湾まぜそば(850円)」となります。

野菜と卵、海苔、台湾ミンチ肉がカラフルで彩りが豊かな一品となっています。

台湾まぜそば

mogmog
「ニンニク」はオーダー時に投入有無を確認されます。

綺麗な見た目のまま食べたい気持ちを抑えつつ「台湾まぜそば」なのでしっかりまぜまぜします。

台湾まぜそばを混ぜたところ

口に入れると、最初は卵黄と麺の味わいが前面に来るので「お!意外とあま~い」となりますが、後から「台湾ミンチ」の唐辛子の辛さと、ネギ&にんにくの刺激が強烈に追いかけてきます。

mogmog
魚介ダシの風味も効いており、見た目より「全体としてまとまっており、食べやすくマイルドな印象」です。

なお、途中味変として「昆布酢」を入れるのがお店の推しとなります。

昆布酢を台湾まぜそばに入れるところ

「昆布酢」を入れることで、スキッとした酸味が刺激的な風味をよりマイルドに変えてくれます。

mogmog
「昆布」のウマみも加わり「より味に深みが増す」ので、ドバドバかけても美味しいです

また、『禁断のとびら』では、最後のお楽しみとして「追い飯」が無料サービスでついてきます。

台湾まぜそばの追い飯

お米」から麺とはまた違った甘みが感じられるので、「台湾風リゾット」のような味わいを楽しむことが出来ます。

mogmog
この「追い飯」が「台湾まぜそばのタレ」と絶妙にマッチして非常に気に入りました。

台湾まぜそば「禁断のとびら」のまとめ

池袋東口に2021年3月に進出してきた『禁断のとびら』で、美味しい「台湾まぜそば」を堪能することができました。

mogmog
「追い飯」が無料サービスなのが嬉しいポイントですね。

普通の「台湾まぜそば」の他「カレー台湾まぜそば」や「チーズ台湾まぜそば」といった味変メニューも用意されています。

なお、「帝京平成大学」が近いこともあり学生は「麺大盛orトッピングサービス」が無料となります。

 

池袋で「台湾まぜそば専門店」は貴重です。気になった方は『禁断のとびら』をご利用下さい。

台湾まぜそば「禁断のとびら」の行き方と営業時間

池袋駅東口徒歩7分 東京都豊島区東池袋2-60-21

[月~金]11:00~16:00
18:00~21:00(L.O15分前)
[土・日・祝]11:00~21:00(L.O15分前)