23時半まで通し営業で使いやすい!池袋の老舗うなぎ屋『うな鐵』レポ!

うな鐵

こんな方におすすめ

  • 池袋で、11時~23時半まで通し営業している鰻屋さんをお求めの方
  • 肝焼きを始めとした、鰻串メニューが充実していると嬉しい方
  • タレはすこし薄めの味付けがお好みの方

池袋の鰻屋「うな鐵」グルメレポ!

池袋駅西口から徒歩2分の鰻料理屋さん『うな鐵』のレポートです。

ココ『うな鐵』は、オープン11時からお休みなく夜の23時半まで通し営業をしている老舗の鰻屋さんです。

休みの日に昼過ぎまで寝坊してしまったけど「健康的で美味しいもの食べたい~!」という時に、ビタッと刺さるお店です。

外観写真

半世紀以上つづく老舗の鰻屋さんですが、決して古めかしい感じではなく、近代的で清潔感がある雰囲気です。

うな鐵の外観

入口のドアからも中の様子がうかがえるので、開放的で入店しやすいところが良いですね

店内の雰囲気

店内も外からの見た目以上に広々としていて、たくさんのテーブル席に加えてカウンター席が用意されています。

厨房の方からは、鰻屋さんらしい「鰻とタレの焦げた良い香り」が漂ってきて、多幸感を刺激してくれます。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

また、厨房にはいろいろな調理前の「鰻串」がおかれていて、鰻好きの方なら見ているだけでテンションが上がってくると思います。

料理レポート

鰻重(松)

今回、筆者はすこし奮発して「鰻重(松)」3,600円をオーダーしてみました。

鰻重に加えて、肝吸、おしんこ・デザートがセットになって提供されます。

うな重松

鰻の身はしっかり蒸されていて、箸で簡単にきれるほどホロホロです。

うな重の鰻をきるところ

箸で簡単に切れるほどなので、食感も柔らかくフワッフワッとした食感です。

鰻自体のクセも少なく、タレもやや薄味のバランスなので、さっぱりとパクパク食べられます。

川魚特有のちょっとした泥臭さが苦手という方でも、ココの鰻ならば気にならないで食べれると思います。

クセが少なく、やや薄味のタレというバランスの鰻重なので、山椒の刺激がビリリッと際立って美味しいです。

鰻重にふりかける山椒

山椒をかけると、鰻の中にある甘さがフワーッと引き出されて、より美味しさがグレードアップしますね

肝吸いも、かなりの薄味ながらもキリッとした上品なダシが効いています。

きも吸

薄味だけど、しっかり美味しいという和の良さを感じる「肝吸い」です。

ちなみに、デザートは「ナタデココ風のゼリー」です。デザートはシロップたっぷりで強めの甘さの味付けなので口直しにいい感じです。

ナタデココデザート

肝焼き

せっかくなので、「鰻串」もすこし楽しもうかなーと思いつき、「肝焼き」をオーダーしてみました。

鰻の肝焼き

「肝焼き」は、コリュムリュっとした食感ですが、鰻肝独特の苦みが効いたパンチのある味わいです。

鰻串もタレはやや薄味なので、肝から大人が好きそうな苦味ある味わいがダイレクトに届きます。

肝焼きを食べるところ

池袋の鰻屋「うな鐵」のまとめ

今回、筆者は15時頃に来店しましたが、鰻重や鰻串を片手に「昼飲み」しているお客さんがチラホラいました。

やはりオープン11時から23時半まで通し営業されているので、ご飯時を外しても鰻が手軽に食べられるというのは、嬉しいポイントです。

お酒や一品メニューも豊富なので、昼飲みにも最適なお店だと思います。

なお、鰻自体がパワーフードということもあり、お店を出た後から心地よい顔がポカポカと温かくなる感覚がでてきました。

ちょっと元気がでないな~という方は、ココ『うな鐵』で鰻パワーをチャージしてみるのは、いかがでしょうか??

池袋で鰻が食べたい~というときには、是非『うな鐵』の鰻をご賞味下さい!

池袋の鰻屋「うな鐵」の営業時間等

関連ランキング:うなぎ | 池袋駅東池袋駅

うな鐵
最新情報をチェックしよう!