UberEats(ウーバーイーツ)体験レポ!「導入から宅配の流れ」をスッキリ解説!

こんな方にオススメ

  • 家で外食グルメを堪能したい方
  • 「Uber Eats」ってよく聞くけど、いまいち分からない方!

アプリ「Uber Eats」体験レポート!

今回の記事は「UberEats(ウーバーイーツ)」というデリバリーサービスの体験・導入レポートです。

自分自身、「UberEats」の名前は最近よく耳に入ってきますが、いまいち何者なのか、何がメリットなのか分かってなかったので、アプリ導入から宅配利用まで体験してみました!

既に日本で根付きつつあるサービスではあるので、「いまさら~?」という方も多いかもしれませんが、自分のようにまだ利用したことがない方もいると思い、導入から宅配利用までの流れをまとめてみますっ!(*´з`)

UberEatsってそもそも何なの?

Uberという配車サービスが、2009年にアメリカで開始されました!

一般人が空いた時間を利用してタクシー運転手のような仕事を請け負い、Uberアプリを通じてマッチングした一般人がそのタクシーを利用するというライドシェアリングサービスとなります。

簡単に言うと、一般人と一般人を上手くマッチングさせて、お互いWin-Winでハッピーになろう!というサービスになります。

もぐもぐ
「この仕組み、外食のデリバリーにも応用できるんじゃね!?」ということで始まったのが、「UberEats」となります。

日本では2016年からサービスが開始され、東京を中心に徐々にサービスエリアが広がっています。

通常デリバリーサービスはお店専属の配送員が対応しますが、Uber Eats」の配達員は、あくまでUberが契約した一般の方が対応します

お店側としては、「UberEats」を利用すれば専属の配達員を雇わなくても、デリバリーサービスが提供できるようになるわけです。

男性イラスト
結果として、今までデリバリー対応していなかったお店も、「UberEats」を使えば自宅までグルメを宅配・出前してくれる!ということになります

アプリの導入

UberEatsは、「Web」、もしくは「スマホアプリ」から利用することとなります。

もぐもぐ
「アプリ版」の方が初期登録の手間はあれど、一度登録してしまえばUIが良く便利に利用できます。

<Webサイト>

https://www.ubereats.com/jp

<iOS版アプリ>

 

 <Andoroid版アプリ>

Google Play で手に入れよう/

初期登録

本記事では、「アプリ版」をベースに初期登録・宅配までの流れをご説明したいと思います。

インストールが完了し、アプリを開くと初期登録画面となります。

f:id:kuro2270:20190326234853j:plain

ガイダンスに従いながら、電話番号、住所、クレジットカード情報等を登録します!

もぐもぐ
途中、SMS認証は必要となりますが簡単ですっ!

初期登録が完了すると、UberEatsのサービス利用の準備が整います

f:id:kuro2270:20190326234906j:plain

デリバリー注文をしてみよう!

さて、初期登録が完了したので、デリバリーの注文をしてみましょうっ!

ホーム画面の「お近くの人気スポット」や「サーチタグ画面」から目当てのお店を探しましょう

マクドナルドやケンタッキー、松屋等の普通ではデリバリーしていない大手チェーン店かも、UberEatsならデリバリーできます!

f:id:kuro2270:20190326235016j:plain

今回は、池袋の煮干しラーメンで人気のお店「ラーメン凪 池袋東口店」でデリバリーを頼んでみます。

「すごい煮干しまぜそば」をカートに追加です!

UberEats画面のラーメン凪デリバリー画面

注文する品をすべてカートに追加したら、「お会計」ボタンを押します!

f:id:kuro2270:20190326235054j:plain

「お会計」ボタンを押すと、最終的な注文確認画面に推移します。

f:id:kuro2270:20190326235108j:plain

「注文」ボタンを押下すると、デリバリーの注文が完了となります!

もぐもぐ
ちなみに、「注文する」ボタンを押すと、特に最終確認画面等はなく「即注文確定」なのでお気をつけください!

受け取り&グルメレポ

注文が完了すると、オーダー画面に注文履歴情報が表示されます。

f:id:kuro2270:20190326235124j:plain

「配送状況を確認」ボタンを押すことで、予想到着時間と地図が表示されます。

もぐもぐ
「Uberの配達員さんが確定」すると、その方のお名前、評価、現在地が地図上に追加表示されます。配達員さんが少しずつ自宅に近づいてきている様子が分かるので見ていて面白いです。

f:id:kuro2270:20190326235143j:plain

アプリの地図情報は正確で、地図上の配達員さんと自宅の位置が重なると同時にUber配達員さんが目の前に来ます。

f:id:kuro2270:20190326235200j:plain

一番最初に利用したときは「食器の返却とかどうするんだろー・・」なんて余計な心配をしておりましたが、どのお店も「使い捨て容器」が使われているので心配無用です。

f:id:kuro2270:20190326235219j:plain

お店で作って即配達となることが多いので、基本はそのままでホカホカの熱々です!

モチモチ弾力感のある麺と濃い煮干しダシがマッチして、めちゃくちゃ美味しいです!

男性イラスト
この味は絶対自炊では出せません!

まとめ

今回、話題の「Uber Eats」を導入から宅配利用まで体験してみましたが、想像していた以上に簡単&スピーディでした!

また、配送エリアによって異なりはするものの配送料は50円~500円ほどと、十分許容範囲のお値段となっています。

 

ちなみに、Uber配達員さんは一般の方ではありますが、配達資格を得るためには、説明会の参加や、保険加入等の複数条件があります。

男性イラスト
このため、道歩いている見知らぬ人が突然デリバリーしているものではないので、変に不安感は持たないでよいと思います。

ただし、お店専属の配達員ではないので、仕組み上、どうしても多少のトラブルは起きてしまいます(/ω\)

もぐもぐ
実際に筆者自身、「飲み物がこぼれていた」といった「配送トラブル」を何度か経験しています。

一方で、普通はデリバリー対応していない名店のグルメが自宅で簡単に食べられるというのは、リスク以上のメリットがあります!

サービス提供エリアにお住まいで、まだ使ったことがないんだよなーという方は是非「UberEats」を使って名店のグルメを自宅でお楽しみ下さいー!