板橋区のゆったり天然温泉『スパディオ』施設&食事満喫レポ!

こんな方におすすめ

  • 清潔感のあるスパ施設でノンビリしたい方
  • 浴室エリアに休憩スポットが沢山あるスパ施設だと嬉しい方
  • スパ施設でわりと攻めた食事メニューを堪能したい方

板橋区「天然温泉スパディオ」グルメレポ!

都営三田線「板橋本町」から徒歩8分、国際興業バス清水町のバス停から徒歩4分のスパ施設『天然温泉スパディオ』のレポートです。

1日のんびりと施設を満喫しましたが、非会員価格では少し割高ではあるものの、スパ&サウナ好きの方にはオススメできる施設でした。

外観写真

『スパディオ』は、板橋区宮本町の住宅街の中で営業しています。

看板に派手さがなく控えめなのと、ふつうの会社風の外観をしているので、意外と前を通ってもスパ施設と気づかずに素通りしてしまうかも。

スパディオの外観

入館料金

『スパディオ』の非会員の一般入館料金は、2,200円とわりと強気な価格設定です。

スパディオの入浴料

板橋天然温泉スパディオ公式HPより

高級志向の「池袋のタイムズスパレスタ」や「新宿歌舞伎町のテルマー湯」と肩を並べる料金なので、甘口の筆者でも「ウグッ」と正直思いました

ただ、会員になれば1,360円~利用できるので、だいぶお得になります。
年に何回か来れそうな方は会員になるのがオススメです。

お得なクーポン(2019年10月9日まで)

『スパディオ』の公式ホームページに、非会員でも1,780円になるクーポン(特別優待券)が2019年10月9日までの期間限定で掲載されています。

会員にならずに最初は様子見したいなーという方も多いと思うので、是非利用しましょう。

スパディオ公式ホームページのクーポン

施設の雰囲気

施設の中は、公共ジムやプールのような飾りっ気はないけど、洗練された清潔感が溢れる雰囲気です。

ラグジュアリーな感じはないものの、逆に居心地よく落ち着くバランスです。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

 浴室の雰囲気

浴室も施設同様に清潔感があって、広々と開放感があります。

スパディオの浴室スパディオのジェットバス

板橋天然温泉スパディオ公式HPより

筆者が『スパディオ』のお風呂で特に良いなーと思ったのはジャグジー(うきうき)風呂です。

よくある緊急時の係員呼び出しボタンにソックリなジャグジー開始ボタンなので、妙な「これ押していいのか?」という葛藤が最初はありますが、ボタンを押すと同時に発射されるジャグジーの水流が強力で、全身のコリポイントを心地よくほぐしてくれます。

かなりパワーがあるので、暫く水流を受けると、体中にほどよい気持ちの良いシビレ感が走ります!

筆者はサウナ好きを豪語する自称「サウナー」ですが、サウナ室も広々としていてカラっと高温(85℃くらい)なのが良いなーと感じました。

スパディオのサウナ室

板橋天然温泉スパディオ公式HPより

そしてサウナーにとって嬉しいのは、「ととのいスポット」と呼ばれる浴室内の休憩場所が多いのが嬉しいところ!

リクライニング可能なデッキチェア型も含めて10個以上の「ととのいスポット」が完備されています。

これだけ浴室内に休憩スポットがあるので、サウナーあるあるの「ととのい難民」になることがほぼ皆無と言っていいでしょう。

露天風呂完備なので、もちろん外気浴も出来ます。水風呂は20℃くらいで少しヌルめですが、サウナーでも十分満足できます。

食事処レポート

浴室エリアはサウナーの筆者でも大満足でしたが、食事処「遊膳」も素晴らしいグッドなクオリティーでした。

スパディオの食事処

テーブル席に加えて、お座敷席も完備で、グループ利用にもしっかり対応の快適スペースです。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

石焼きチーズカレー(900円)

週替わりのランチに加えて、「石焼きチーズカレー」など割と珍しく攻めたメニューが用意されています。

グツグツと煮えたぎるカレーとチーズからスパイシーないい香りが溢れてきます。

石焼きチーズカレー

スプーンですくうとトローンとトロけるチーズがさらに食欲をそそります。

石焼きチーズカレーを食べるところ

辛さ控えめのマイルドタイプですが野菜の甘さとチーズのコクがしっかりしていて美味しいカレーです。

石焼きの熱気がすごいので、お風呂に入ったポカポカ具合と合わさって、額から汗が噴き出てきます。

石焼きなので、カリカリのお焦げが出来上がって、カレーと相性がまた抜群に良いです。

つくば鶏のとろとろ親子丼(1、100円)

『スパディオ』ではカレーの他にも和洋中のメニューが揃っていますが、ひと際メニューの中で目立つ配置で推されていた「つくば鶏のとろとろ親子丼」も気になり頼んでみました。

スパディオの親子丼

レンゲですくった瞬間、食べる前から「あ、これ絶対ウマいわ」と確信してしまうダシの香りと卵のプルプル感がいい感じです。

レンゲですくう親子丼

甘めのパンチの効いた力強いダシがしっかり効いていて、卵の優しい甘さとバランスが取れていて、かなりクオリティーが高い親子丼です。

ブランド鶏を使っているだけあって、鶏肉もプルとした弾力と脂の旨味が詰まっています。

休憩スペースの雰囲気

お風呂も入って、ご飯も食べたらスパ施設の醍醐味である「休憩スペース」も利用しましょう。

『スパディオ』の休憩室は、コンパクトサイズではあるものの、全席TV付きのリクライニングチェアが用意されています。

 

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

わりとしっかり薄暗いので、うたた寝するのに最適な空間になっています。

関東圏のサウナー&スパ好きの方に共通言語でお伝えすると、「舞浜ユーラシア」と同じくらいの休憩室の暗さと言えば一発で伝わるはず?

ちなみに、休憩室の他にも各フロアにソファーやテーブル&椅子のセットが置かれているので、気兼ねなく談笑しながらくつろぐことができます。

板橋区「天然温泉スパディオ」のまとめ

広々して清潔感のあるスパ施設を大満喫できました。

最初は他の高級スパ施設と肩を並べる価格設定なので、どうなんでしょう?と感じていたのですが、実際にくつろいでみて、筆者は十分納得できる価格でした。

丸1日ユックリくつろげること、会員価格ならば1,360円~利用できるので、また来たいと思わせる魅力が詰まったスパであることに間違いありません。

落ち着いた客層の方が多いので、施設全体が優しい雰囲気に包まれているのも居心地の良さに繋がっているかもしれません

あとは、貸切利用ができる個室(8人部屋で2時間2,000円、16人部屋で2時間4,000円)が用意されているので、グループでワイワイ利用するのも楽しいだろうなーと思いました。

家族や親戚一同で訪れたり、友達数人でボードゲームなんかやりながら丸一日スパとセットで遊べたら最高だなーと思います。

 

板橋で丸一日ゆっくりできるスパ施設をお探しの時には、『天然温泉スパディオ』を是非ご利用下さい!

板橋区「天然温泉スパディオ」の営業時間等

関連ランキング:そば(蕎麦) | 本蓮沼駅板橋本町駅

最新情報をチェックしよう!