【神保町】グーグルマップ★4.0!ランチ限定穴場カレー『リマーレ』レポ!

神保町ランチカレー・創作料理店「リマーレ」グルメレポ!

神保町駅から徒歩3分のところにある創作料理屋『リマーレ』のランチ限定カレーレポートです。

『リマーレ』は、メインは「夜のダイニングバー」として営業していますが、ランチタイム(11:30~14:00)限定で「特製カレー」を提供しているお店です。

もぐもぐ
神保町駅近の飲食店はランチタイムは満席・行列となっているところが多いですが、ココ『リマーレ』は穴場なのでゆったり快適ランチを楽しめます。
こんな方にオススメ
  • 神保町駅近くで「ランチ限定の絶品カレー」が食べたい方
  • 神保町駅近くでランチを食べたいけど、混雑してない「穴場のお店」で食事を楽しみたい方
  • 喫煙する方、喫煙が気にならない方

外観写真

『リマーレ』は「小さなビルの2階で営業」しているので、前を通っただけでは「見過ごしてしまう方」も多い「隠れ家的」なお店となっています。

「ランチ営業の看板」もあまり目立たない感じで置いてあり、ふだん神保町で働いていて「ランチは外食」という方でも見つけられてない方は多いと思います。

リマーレのランチ看板

夜の「ダイニングバー」がメインのお店なので、入口を跨ぐとお酒の瓶が並べられて「いかにもバーだな~」という雰囲気が出ています。
リマーレの入口

もぐもぐ
ちなみに左の「ワイン棚」が「トイレ隠し扉」いう不思議な構造になっています。

店内の雰囲気

もちろん店内全体は「Theバー」という感じですが、「日の光がたっぷり入る店内」となっているので、ランチタイムは開放感があり「夜のお店感」がありません。

テーブル席の他、バーカウンター席もあるので、ひとり利用も全く気兼ねする必要がありません。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

ランチタイム真っただ中でも、「穴場のお店」ということもあり、「お店全体がゆるくフワッとゆったりしていて」落ち着いて食事を楽しむことができます。

もぐもぐ
アクアリウムも置いてあり、魚を眺めながら「神保町の喧騒」を忘れることが出来ます。

ランチ限定「欧風豚の角煮カレー」レポート

『リマーレ』では、ランチタイム限定で「欧風豚の角煮カレー」と「温玉チーズキーマカレー」の2種類を楽しむことが出来ます。どちらも900円となります。

当記事では「欧風豚の角煮カレー」をレポートさせて頂きます。

欧風豚の角煮カレー

もぐもぐ
「欧風豚の角煮カレー」は、なんと「コーヒーとワインで煮込んだ」少し変わったカレーとなっています。

欧風カレーを食べるところ

一口目は「あれ?これビーフシチュー?」と感じるほど、「フォンドボー」がしっかり効いた「甘ウマさ」が感じられる仕上がりです。

しかし、2・3口と食べ進めていくうちに徐々に「ピリッとした辛さ」と「ほのかな苦味」が現れてきて「あ!カレーだわ!」と納得するバランスです。

もぐもぐ
見た目はシンプルながら「複雑で奥行きのあるコク」が特徴的です。「コーヒーの苦み」もカレーの邪魔にならない程度なのがグッドです。

具材はシンプルに「豚の角煮」のみとなっています。

スプーンで簡単にほぐせるのに、噛み応えは十分という絶妙な柔らかさの「肉質」となっています。

カレーの豚の角煮

もぐもぐ
トロける食感というより、しっかり噛み応えも楽しめる「豚の角煮」になっています。

神保町ランチカレー「リマーレ」のまとめ

神保町『リマーレ』で「ランチ限定の絶品カレー」を存分に楽しむことが出来ました。

「欧風豚の角煮カレー」は、コーヒーとワインで煮込んだカレーという「変わりダネ」ですが、奇をてらっただけでなく「カレー」としてシンプルに美味しく、上品にまとまっていました。

 

『リマーレ』は「小さなビルの2階で営業」されていることもあり、一部の「知ってる食通」のみ来店する「神保町ランチタイムの穴場」となっています。

もぐもぐ
ガヤガヤした感じが全くなく「落ち着いたのんびりランチ」を楽しむことができました。

なお、『リマーレ』はランチタイムも「喫煙可」となっています。

普段、喫煙されている方は、ランチのあと「食後の一服」も楽しめるので嬉しいポイントかもしれません。

いうまでもなく「タバコ」が苦手という方は、事前にご承知の上、来店下さい。

神保町ランチカレー「リマーレ」の場所と営業時間

神保町駅から徒歩3分 東京都千代田区神田神保町1-27 ワイズビル 2F

[月~金]
17:30~翌1:00(L.O.24:00) ランチ:11:30~14:00
[土]
17:30~24:00(L.O.23:30)
【定休日】
日曜日、祝日