テレビでも紹介!池袋の溶岩石で焼く『大人のハンバーグ』レポ!

f:id:kuro2270:20190404192537j:plain

こんな方にオススメ

  • 溶岩石で焼かれたハンバーグと聞いて興味が沸いた方
  • ハンバーグも好きだけど、ユッケもお好きな方
  • 駅近でも綺麗で広めのカウンター席があると嬉しい方

ネット口コミ勝手にピックアップ

ふわっふわのハンバーグが美味しい!

ハンバーグがずっと熱々なのが嬉しい。クセがあるので好き嫌いはハッキリ分かれそう。

レポート

東京 池袋駅東口から3分のところにある「大人のハンバーグ」にお邪魔しました。

なんでも「溶岩石」を使ってハンバーグを焼いてくれるという面白そうなネット情報を見つけて、興味をもって来店です。

王様のブランチ等でも特集されており、メディア露出もしているお店です。

ちなみに、池袋店の他、田町や渋谷、上野などにも展開されています。

外観

入口は御覧のような外観となっております

「溶岩石で焼く」とキャッチーなフレーズが看板に書いてあるのがいいですね

f:id:kuro2270:20190404192922j:plain

内観

店内は1階はカウンター席、2階はテーブル席が用意されているようです。

ウッド調の綺麗で広いカウンター席となっております。

大人のハンバーグのカウンター席

ちなみに、16時という少し変な時間に来店したので、たまたま空いていました。

ランチタイムには行列が出来ていることも珍しくないそうです。

料理レポート

黒毛和牛の炙りユッケ

ハンバーグ屋さんですが、大人気メニューとして評判の「黒毛和牛の炙りユッケ」をオーダーしてみました。

ユッケには、こだわりのブランド卵の「蘭王たまご」が使われているようで、黄身の色が濃く、立体感があります。

f:id:kuro2270:20190404193248j:plain

ほどよく噛み応えがありますが、噛むたびに肉と脂の旨味がが溢れてきます。

味と脂の良さは、高級焼肉店の「カルビ」を口の中に入れた時の旨味に似ていると思います。

もともと生肉好きではございますが、確かにこのユッケはやべえっ!!

ユッケ好きな方は確実にノックアウトすると思いますっ(*´▽`*)

大人のハンバーグ

続いて「大人のハンバーグ」です。

鉄板石プレートの上にハンバーグと野菜が盛り付けられており、ジュウジュウ熱気を出しております。

f:id:kuro2270:20190405122652j:plain

まずは、こちらも「蘭王たまご」で作った目玉焼きが乗っているので、軽く崩して、ハンバーグと融合させます。黄身の濃さがやっぱり違いますね。

さてさて、それでは「大人のハンバーグ」を食してみましょう。

f:id:kuro2270:20190405122748j:plain

・・・不思議な食感で、ハンバーグなのにフワフワで半固形風です。

ハンバーグで、「フワフワ」って表現間違えてるだろ!と突っ込みを受けそうですが、本当なんですよっw

口コミで、とろけるという表現がありましたが、非常によく分かる!(*’ω’*)

塩・胡椒による味付けはかなり控えめで、肉の味と旨味、それとチェダーチーズのコクが良く分かります。

特製ソースをつけながら食べると、また一層深みが増します。

あっというまに平らげて、ごちそうさまです~!

まとめ

メディアで取り上げられるだけあって、コンセプトが面白いだけではなくて、コダワリ素材を使った「ハンバーグ」と「ユッケ」美味でした。

コスパは決して良いとは言えませんが、少しお財布に余裕があり、道理の分かる大人であれば、是非食べてみる価値ありの「大人のハンバーグ」だと思います(‘ω’)ノ

なお、「ハンバーグ」の食感がかなり特殊なので、ネットの口コミの通り「好き・嫌い」はハッキリ分かれると思います!

食感がしっかりしたタイプの「ハンバーグ」がお好きな方はご注意ください

あと、「ハンバーグ」の味は意図的に薄めにされていると思います。

卓上にスタイリッシュな「塩胡椒」が置いてあるので、濃いめの味がお好みの方はご利用頂ければよいと思います。

f:id:kuro2270:20190405122939j:plain

最新情報をチェックしよう!